*

ガソリンカードの利用額を把握

ガソリンカードの利用額を把握することは、カードを選ぶ時に重要です。

ガソリンカードはいろいろな使い方ができます。もちろんメインの使い方はガソリンの給油の時ですが、買い物や公共料金の支払いにも使えますから、ガソリンの支払い以外でもポイントが貯まるというメリットがあります。

ポイントの還元率はカードによって違いますが、NTTグループカードのように高いカードもあります。このカードは1000円カードを使うたびに10ポイント貯まります(ポイントプレゼントコースに申込んだ場合)。仮にカードを使って20000円買い物をしたら、200ポイントが貯まります。しかもこのカードはガソリンを入れると割引が適応されます。1リッター当たり2円の割引です。仮に1リッター当たり154円で40リッターいれて3回給油した場合の利用額は18480円になり、割引の金額は240円になります。

上記の例から分かるようにカードの利用額が多い方は、ポイントの還元率が高くてガソリンの割引率も高いカードを使った方がお得になります。

逆にガソリンを入れるときぐらいしかカードを使わない方は、ポイントの還元率はそれほど考えなくても良いでしょう。ガソリンの割引率が高いカードで十分です。例えばENEOSカードSはガソリンの割引率が1リッター当たり2円と高くなっています。仮に1リッター当たり154円で満タンが50リッターの車に月に3回給油したらカードの利用額は22800円になります。カードを使用しなければガソリン代の総額が23100円になるので、お得なことに変わりありません。

年会費はカードの利用額に関係があります。

年会費が必要なところは、できるだけカードを使った方がポイントや割引が適用されるのでお得です。年会費と言ってもそれほど高くはないので(多くのカードが1000円台)、カードを多く使えば元は取れます。

また、年会費が無料のカードもあります。そういったカードはガソリンの給油だけしか使わない方にお勧めです。ガソリン代が安くなったうえに、年会費を払う必要がないという2重のメリットがあります。

関連記事

no image

生活費も含めたお得度を考える

ガソリンカードを使うときは、生活費も含めたお得度を考えることも必...

記事を読む

no image

ハイオクに特化したガソリンカード

ハイオクに特化したガソリンカードもあります。 こ...

記事を読む

no image

石油元売系列別ガソリンスタンド数比較

石油元売系列別ガソリンスタンド数比較をしてみると、ガソリンカード...

記事を読む

no image

リッター2円引きとポイント還元率比較

リッター2円引きとポイント還元比較は、ガソリンカードを選ぶ時に役...

記事を読む

no image

ポイント付与率と交換レート

ポイント付与率と交換レートはカード会社によって違います。 ...

記事を読む

新着記事

ETCカード即日発行の手順 JCB/VISA/MasterCard

JCB/VISA/MasterCardブランドのクレジットカード...

記事を読む

no image

OricoCard THE POINT

[orico_the_point]...

記事を読む

no image

生活費も含めたお得度を考える

ガソリンカードを使うときは、生活費も含めたお得度を考えることも必...

記事を読む

no image

ハイオクに特化したガソリンカード

ハイオクに特化したガソリンカードもあります。 こ...

記事を読む

no image

石油元売系列別ガソリンスタンド数比較

石油元売系列別ガソリンスタンド数比較をしてみると、ガソリンカード...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

ETCカード即日発行の手順 JCB/VISA/MasterCard

JCB/VISA/MasterCardブランドのクレジットカード...

no image
OricoCard THE POINT

[orico_the_point]...

no image
生活費も含めたお得度を考える

ガソリンカードを使うときは、生活費も含めたお得度を考えることも必...

no image
ハイオクに特化したガソリンカード

ハイオクに特化したガソリンカードもあります。 こ...

no image
石油元売系列別ガソリンスタンド数比較

石油元売系列別ガソリンスタンド数比較をしてみると、ガソリンカード...

→もっと見る